ASOがアプリの上位表示に大事!キーワード攻略や対策と効果を知ろう!

お役立ち

ウェブサイトでいうSEOは、アプリでいうところASOにあたります。

作成したアプリを尾に広められるかどうかは、このSAO対策にかかっているといっても過言ではないといえるでしょう。

ここでは、アプリの上位表示に大事なASOについて。

そして、キーワードの攻略方や対策。そして効果についてまとめてみました。

スポンサーリンク




ASOの仕組みを理解する

ASOとSEOは指標はいろいろなところで指標にされているせいか、比べやすいからか本当によく比較されます。

サーチエンジンの規則性やアルゴリズムは検索結果のウェブページの順位決定をするのにいろいろな信号が使われています。

この信号の役割や意味はそれぞれ違っているのです。

また、ランキングの要素もサーチエンジンによって違いがあります。

この点については、アプリストアでも同じ仕組みなのでウェブサイト向けのサーチエンジンやSEOが参考になるといえるでしょう。

アプリストアには、独自のルールや仕組みによってアプリのランキングが決められています。

このため各アプリストアに合っているアプリの最適化やASOが必要になってくるといえます。

グーグルやアップルといったエンジン、ストア側がランキングについての仕組みや方式。

法則を情報開示していないので、検索結果のメカニズムのほとんどは謎です。

また、詳しいことは知られていません。

現在のところ、仕組みや法則、方式を知ることはできないのです。

実験や懸賞を繰り返しながら、より可能性の高い予想や推測をしていくしかないのが現状です。

SEOにオンメタデータとオフメタデータがあるように、ASOにもオンメタデータとオフメタデータがあります。

SEOのオンページとオフページといった方が変わりやすいかもしれませんね。

オンメタデータ とは、アプリを配信する側にとって自由に最適化をしたりコントロールしやすいのです。

特にアプリのタイトルや説明などが対象ですね。

オフメタデータの方は影響を受けることがあります。

ただ、完全に独立している構造や仕組みになっているのでコントロールができないのです。

アプリのダウンロード数やレビュー、ランキングなどが対象になります。アプリランキングの結果を左右するASOの要素をチェックして最適化することについてお話ししていきましょう。

見出し:アイコンの重要性

アプリストアでアイコンを手に入れる際、アプリの第一印象は非常に大切ですよね。

そんなアプリの第一印象を決めるチャンスは1回です。

この1回を有効に使わなくてはならないので、無駄にはできません。

ユーザーがアプリストアを見て、購入するアプリを決める時に最初に目にする要素はアプリアイコンですよね。

人間の視覚はもっとも影響力がある感覚なので、たくさんの人の目に留まって購入意欲をそそるようなデザインが必要といえます。

アプリを使用するユーザーが自分が作成したアプリと似たアプリを目にしている可能性はかなりの確率であります。

ここで差別化するためにも、ユニークで独自のアイコンを作成して少しでも多くの人の目に留まるようにする工夫が必要になってきます。

アイコンづくりには集中して取り組む必要があるといえます。

また、アイコンのデザインにはそのアプリの特徴や特性、そしてアプリが目指すところをわかりやすくハッキリと盛り込む必要もあります。

たくさんの人に見てもらえる最初のチャンスといえるでしょう。

ウェブサイトでいうところのタイトルや見出しと同じように、アプリストアのアイコンには上位表示するための大切な要素が詰まっているといえます。

では、アプリ制作のポイントについて触れてみたいと思います。

アイコンには、特徴がひと目でわかるようにして、覚えやすくて目を引くものある必要があります。

この要素を小さなグラフィックデザインのアイコンという作品の中で表現するので非常に集中力が問われます。

アイコン制作には十分な時間をかけることと、文字で詳細を説明したりすることは避けることをおすすめします。

アプリ名やキーワード攻略の対策と効果

アプリストアでユーザーの注目を集めることを最優先に考えたいところです。

壁紙についても、いろいろな壁紙の上にアイコンを置いて見た目のテストをしてみると良いでしょう。

実際には、アイコンはユーザーのバックグラウンドに表示されて、起動するたびにタップされるものです。

裏ワザとしておすすめなのは、壁紙とアイコンのコントラストを強めにすることです。

コントラストを強くするためには、ボーダーを使用すると良いでしょう。

この時に注意しておきたいのは、アプリアイコンの大きさやレンダリングに関する必要条件です。

Apple App StoreやGoogle Play Storeでも必要条件にけっこうな違いがあります。

iOS Designr GuidelinesやAndoroid Graphic Assetを事前に読んでおくようにしたいですね。

アプリ名

アイコンと同じようにアプリ名も大切な要素です。

魅力的で覚えてもらえるくらい分かりやすくて簡単なモノ。

ユニークで独自性のあるものである必要があります。

直感的に瞬間的に理解できて、アプリの内容や目的がすぐにわかるような名前が理想です。

サイトでのタイトルで考えてみましょう。

タイトルはコンバージョンを考えるときにとても重要ですよね。

ランキングや上位表示の結果を考える時にもとても大切ですし、大きな役割を担っています。

実際にApple App StoreとGoogle Play Storeのアルゴリズムはふたつともアプリ名からのキーワードを重要視しています。

アプリ名に関連するSEOキーワードがタイトルタグにもなるのです。

タイトルには最も強いキーワードを使う必要があります。

アップルでは、最近ユーザーエクスペリエンスの上昇やキーワードスタッフィングを解決することに注目しています。

そこで、タイトルを50文字以下にすることが必要だとしていますね。

一方のグーグルですが、文字数制限は30文字以下となっています。

そのため、タイトル向けのキーワードについては、しっかりと慎重に選ぶ必要があります。

キーワード

キーワードの重要性についてお話したいと思います。

キーワードはASOやSEOの最も難しい部分といっても過言ではありません。

その分、このキーワード作成が成功すればASOやSEOが成功する可能性はグッと上がります。

グーグルでもアップルでも、アプリを検索結果の上位表示させたりランクインさせたい時。

上がるキーワードを確実に狙っていかなくてはなりません。

アプリについてのキーワードは、サイトでのSEOでいうところのWebページのコンテンツタグと同じイメージで考えて良いといえます。

キーワードは、グーグルとアップルではつくりや仕組みが違ってきます。

グーグルの場合には、表示される説明文の中からキーワードをチェックしています。

アップルの場合は、100文字のiTunes Connect Keyword欄というものをアプリ開発する人たちに開示しています。

配信者名やタイトル、カテゴリー、アプリ内課金などから得られるキーワード群が検索ランキングに使わる仕組みになっています。

そのほかのキーワードについてはキーワードを置く場所や位置についても気を付ける必要があります。

アップルのApp Storeは、使える文字はすべて使うことです。

スペースで空白を作るのではなくて、カンマを打って、各キーワードを明確に分けていくことが大切になってきます。

また、長いキーワードではなく、単純でシンプルなキーワードを使うことを強くおすすめします。

アルゴリズム上、短いキーワードは多くのキーワードの組み合わせの候補を得ることができるのです。

Google Play Storeの仕組みについてですが、Google Play Store はさらにSEOに似ていると感じるでしょう。

だからこそ、身近に感じる人も多いかもしれません。

10ヶくらい選べるターゲットのキーワードを5回ほど繰り返して、いろいろなキーワードとの組み合わせを試してみます。

そこで、マーケティングのキャッチコピー内に散らすのです。

キーワードデンシティと呼ばれている、キーワード同氏の密度に気を付けます。

そこで、キーワードの詰め込みの意味である、キーワードスタッフィングを避けるようにします。

良いキーワードは、アプリの内容との関係がしっかり結びついていること。

検索回数は多くて競合するアプリないキーワードをいいます。

ユーザーが入力するので、たくさんのの検索結果と関係のあるキーワードを見つけるのは非常に大変な作業です。

効果的に良いキーワードを見つける方法は、やはりキーワードツールを利用することでしょう。

ツールはたくさんありますが、たとえばグーグルが開示している、Google Adwordsキーワードプランナー。

これははウェブサイト向けですが、たくさんの良質な内容があったり良いヒントを得ることができます。

ほかにもアプリのWooRankやApp Tweakなどがあるので試してみて自分に合っているものや使いやすいものを選ぶと良いと思います。

アプリの説明文

次にお話しするのは、アプリの説明文です。アプリの説明文は製品情報ページに表示されています。

製品情報ページを見ているユーザーが「もっと読む」タップすると、すべて表示されます。

全労力をキャッチコピーにを費やすべきといわれているのはこれが理由になっています。

アプリを使うと実現できることをシンプルかつわかりやすく、2~3行で記述したいです。

基本機能面ですね。CTAも埋めこむ必要があります。

説明文はこの上ないコンバージョンツールなので、ユーザー目線で、ユーザーのためになるような内容を書きます。

通常、ユーザーは説明文を全部読むことはないと考えるべきです。

さっと目で流し読みをしていくので、目につきやすくて読みやすい説明にした方が良いです。

箇条書きを利用して機能のユニークさやメリットをひと目でわかるようにするのは良い方法のひとつだといえるでしょう。

ユーザーにアプリをダウンロードしてもらうためにできることを徹底的にしなければなりません。また、説明文の最後に自分の連絡先情報を忘れずに追加してください。

公式な開示内容では、アップルのアルゴリズムでは説明文からのキーワードをインデックスしていないといわれています。

ただ、少なからず影響はあるようなので完全に無視するのは得策ではないようです。

iTunesのアプリページはウェブの検索エンジンにインデックスされれることがわかっています。

アップルのApp Storeの説明文はSEO向けにした方が良いでしょう。

グーグルは、ASOの観点からみると説明文はとても重要です。

ASOによって最適化(オプティマイズ)されるようにしたいです。

すでに触れた、10個くらいのキーワードをほかのキーワードと組み合わせて、5回ずつ繰り返す。

これは良い方法だといえるでしょう。

また、新しい機能や機能上の変更点、キーワードの導入の際には、説明文の更新も忘れずにすることを心掛けるべきでしょう。

以上、アプリを上位表示させるためにASOがとても大事な理由をまとめてみました。

大事な理由がお分かり頂けたと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました