ASOとSEOの違いってなに?最適化の成功例やアプリの作り方まで!

お役立ち

ウェブサイトやホームページを作った時、サイトにSEO対策を施して上位表示を狙いますよね。

これと同じように、アプリを作った時にもアプリをたくさんの人に見てもらえるように対策をしてアプリを上位表示させてます。

これをASOといい、自分が作ったアプリにたくさんの人を集客する対策なのです。

できるだけたくさん人にアプリをダウンロードしてもらうためにダウンロードの促進を狙います。

高ダウンロード攻略法が大事になってきます。

ASOに必要な大事なことをここでお話ししたいと思います。

いまや、GoogleのGoogle Play StoreやAppleのApp Storeをはじめとしたアプリストアには250万ともいわれるアプリがあります。

このアプリには本当に様々な分野のアプリがアップロードされていて、自分の目的のアプリを見つけることができます。

まさにアプリ戦国時代のなかで、自分が作ったアプリをたくさんの人に認知してもらう。

そして、ダウンロードしてもらうことは大変な時代になってきています。

これまでも、たくさんの数のいろいろな手法やアプリマーケティング方法論が作られてきました。

なかでも、ASO(アプリストア最適化)がいちばん効果を発揮する対策であるといわています。

スポンサーリンク




ASOとSEOの違い

ASOは、自分で作成したウェブサイトをオプティマイズ(最適化)してGoogleなどのサーチエンジンの上位表示させる対策であるSEOとイメージは似ています。

そのせいか、ASOはSEOと比べられることが多いです。

ASOは、アプリストアのなかで日々順位が入れ替わる順位やアプリの露出を改善するためのプロセスだからです。

Webサイトを最適化して検索エンジントップに表示させるSEOと似ています。

ASOとSEOは両方とも原理は同じなのですが、やはり違う点もあります。

違う点は、ASOもSEOは異なるエコシステム上で動くことがあげられます。

何かを調べたいと思ってアプリストアで検索する人とWebで検索をしている人とでは行動の仕方が異なります。

また、アプリストアは独自のランキングシステムを使用しているので、システムのアルゴリズムの動き方にも違いがあるのです。

アプリが普通のブラウジングアプリストアのなかの検索によって発見される。確率が63%以上であることを考えたらASOがアプリマーケティングの戦略に密接な関係があることがわかります。

最適化が必要で大切な要素を理解すると共に最適化の成功例を紹介したいと思います。

これがASOを始めるうえで大切な要素になってきます。

また、便利で使いやすいキーワードツールを使うことによる。

効果的かつ最適なキーワード検索をするためのノウハウやアドバイスについてもお伝えしたいと思います。

ユニークなアプリの作り方

アプリの最適化、ASO、ランキングを始める前に、アプリデザインの完成度。

そしてアプリのコンセプトの独自性があるかを確認する必要があります。

アプリに独自性があるかどうかは、次のようなことを目安にチェックするとぴと思います。

  • ①アプリで解決できる問題なにか。問題は解決できるのか。
  • ②エンターテイメント性が備わっているか。
  • ③メイン機能が明確か。
  • ④USP(独自の販売条件)はあるか・競合するアプリとの間に差を作るために必要。

アプリ側にこの準備ができていて、機能性に優れてることが確認できるなら、アプリの製品ページの最適化を始めても良いと思います。

アプリのメタデータで最適化をかけると、Apple App Storeの中で持つ対象のアプリのオーソリティを上げることができます。

検索結果での順位を上げることが可能になります。

アプリのオーガニックダウンロード数を上げて、同時にコンバージョン率を上げることが可能になるのです。

ASOの戦略を作る時に大切なのは、マーケットと競合の徹底的な分析になります。

オーディエンスと競合についての理解が深まれば、ストア内でアプリを見つけてもらいやすくする可能性を上げられます。

これが、新規獲得につなげることができるのです。

 

以上、ASOとSEOの違い。

最適化の成功例やアプリの作り方についてまとめてみました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました