小泉孝太郎が結婚する嫁妻は芦名星ってホント?母親はどんな人?

芸能

小泉孝太郎さんは、さわやかな青年から、いつの間にか演技派の俳優になって活躍されています。

そんな小泉孝太郎さんの熱愛が注目されています。

現在は、女優の芦名星(あしなせい)さんとおつき合いをされているようです。

結婚する嫁妻になる相手といわれています。

結婚するのはホントでしょうか。

また、実の母親とはどんな人なのかも気になりますね。

そろそろ結婚するのではないかといわれているので調べてみました。

スポンサーリンク




小泉孝太郎が結婚する嫁妻は芦名星ってホント?

2019年8月に弟の進次郎さんが、一足先に結婚しましたね。

次にやっぱり気になるのは兄の小泉孝太郎さんの結婚ですよね。

現在も独身をおう歌しているといわれています。

しかし、すでに40歳をすぎています。

いつ結婚してもおかしくはありません。

続いて結婚することも期待されています。

嫁妻になるのは、やはり現在おつき合いをされている芦名星さんでしょうか。

芦名星さんは、1983年生まれで、福島県郡山市の出身です。

2002年にモデルデビューをして、ファッション雑誌CanCanで活躍しました。

その後、女優へ転向しました。交際することになったのは、ドラマの共演がきっかけだったようです。

2013年の大河ドラマ「八重の桜」で共演していました。

また、しばらくして2019年ドラマ「グッドワイフ」で再び共演しているのです。

週刊誌に熱愛報道が撮られたのは、2019年のゴールデンウイークのことでした。

芦名星さんは小泉孝太郎さんのマンションに連泊していましたね。

また、芦名星さんの愛犬連れでお散歩デートをしている姿も目撃されていました。

もうこれは、しっかり彼女でしょう。

ちなみに芦名星さんの愛犬の種類はチワックスでかわいいですよね。

チワワとダックスフントのミックス犬だそうです。

すっかり小泉孝太郎さんにも懐いているようです。

小泉家の男子は、ホント犬が好きですね。

確か、弟の進次郎さんも嫁妻の愛犬ラブラドールレトリバーのアリスをかわいがっていましたね。

小泉家の男子を落とすには、犬がポイントかもしれません。

現在は、芦名星さんが小泉孝太郎さんの嫁妻に1番近い女性のようです。

小泉孝太郎の母親はどんな人なの?

父親は、元総理大臣の小泉純一郎氏なのは有名です。

では、母親はどんな人なのでしょうか。

小泉孝太郎さんは、わずか4歳のときに、実の母親とは別れています。

両親が離婚したためです。母親は宮本佳代子さんという方です。

現在は、三井不動産系の会社に勤務されています。

祖父が、エスエス製薬の元会長だった泰道照山(たいどうしょうざん)さんという方でした。

もちろん良家のお嬢さまでした。

1978年、大学4年生のときに父親の小泉純一郎氏とお見合いで結婚をしています。

結婚式のときには、すでに妊娠中でした。

そして、1978年に生まれたのが小泉孝太郎さんになり、長男になります。

そして、1982年には弟の進次郎さんが生まれています。

しかし、1983年の宮本佳代子さんは、2人の幼い子供を残して離婚をすることになりました。

また、当時は三男の宮本佳長(よしなが)さんを妊娠中でした。

理由は、若くして嫁いだものの、旦那の家族とうまくいかず、壮絶な結婚生活だったといわれています。

そのため、心身ともに疲れ果てての結果だったそうです。

そして、鎌倉の実家に戻り、三男を出産しています。

三男の親権だけは宮本佳代子さんになりました。

以後、小泉家とは絶縁関係だったようで、宮本佳代子さんは2人の子供に会うことはかなわなかったそうです。

また、小泉孝太郎さんと進次郎さんも実の母親に会うことはなく、成長したようです。

しかし、2008年に小泉純一郎氏が政界から引退をしてから変化がありました。

兄弟なのだから仲良くすればいいといったそうです。

それによって、連絡を取り合い、会うようになったそうです。

また、2013年に宮本佳代子さんが育ててきた、三男が結婚しました。

結婚式には、父親の純一郎氏、小泉孝太郎さんと弟の進次郎さんが参列したそうです。

しかし、2019年に進次郎さんが滝川クリステルさんと結婚しました。

結婚式は、親しい人だけで挙式をしたようです。

しかし、実の母親の宮本佳代子さんは、参列することはありませんでした。

まだ、なかなか関係は修復するのはむずかしいようですね。

小泉孝太郎さんが結婚するときには、揃ってお祝いできるといいですね。

弟の進次郎さんの結婚に刺激を受けて、続いて結婚するかもしれません。

どんな人が嫁妻になるのか注目ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました