熱中症の初期症状は熱や頭痛ある?対策や予防は?夏マスクは危険?

話題のニュース

蒸し暑い日本の夏には、多くの人が熱中症で体調を崩しています。

熱中症初期症状には、どんなものがあるのでしょうか。

熱や頭痛といった風邪に似た症状があることもあるそうです。

具体的な症状が知りたいですよね。

そして、2020年の夏は、いつもの年よりも対策や予防が必要になるといわれています。

新型コロナウィルスの感染防止のため、夏でもマスクをしていることが考えられます。

しかし、夏のマスクは危険ともいわれています。

どうしてなのでしょうか。

熱中症の対策や予防ついても詳しく調べてみました。

スポンサーリンク




熱中症の初期症状は熱や頭痛がある?

熱中症とは、急に体温が上がり体内の水分や塩分のバランスが崩れてしまうことです。

そして、体温調節の機能が働かない状態のことです。

そのため、初期症状には、さまざまな異変が体におこります。

主な初期症状には、頭痛、めまい、吐き気、体温の上昇による発熱、手足のしびれ、けいれん、

意識障害などがあります。

これらの初期症状があったら、すぐに涼しい場所に移動させます。

そして、体を冷やし、安静にさせます。

自力で水分補給ができる時は、水分や電解質のものを補給させます。

場合によっては、すぐに救急車を呼ぶ必要があります。

周囲の人は、目をはなさず体調変化に注意して見てださい。

また、どんな時が熱中症にかかりやすいのでしょうか。

環境面では、気温や湿度が高い日は、汗を多くかきます。

体内の水分や塩分が不足がちになります。

また、急に暑くなった日は、暑さに体が慣れていません。

体温調節がうまくいかず、かかりやすくなることが多いです。

体調面では、朝食を食べていないときも体内の水分や塩分が不足していることがあります。

また、寝不足の日も、疲れが残り体調が悪くなりやすいです。

そして、注意したいのは、下痢をしているときです。

脱水状態で体内の水分が少なくなっています。

体調に注意をするようにしてください。

対策や予防はどうしたらいいの?

対策には、夏の服装は素材は汗を吸収しやすいものを選びましょう。

通気性のよい素材やゆったりとしたデザインのものがよいでしょう。

室内では、エアコンや扇風機を効果的に使うようにします。

外出の対策は、帽子や日傘などを使い暑さを防くようにします。

予防には、第一にのどが乾く前に、こまめに水分や塩分を取るようにすることです。

特に、高齢者は、予防が必要です。

体感の暑さやのどの渇きを感じにくいといわれています。

周囲の人が気を配ってあげてほしいですね。

そして、しっかりと朝食と睡眠は取るようにすることです。

暑さの中で激しい運動は避けるようにします。

少しでも体調が悪い時は、無理をしないで休養しましょう。

また、2020年は、新型コロナウィルスの流行がありました。

外での活動は控え、自宅で過ごす時間が増えていました。

年代にかかわらず、体力の低下が心配されています。

予防には、朝夕の涼しい時間帯に体を動かすようにしましょう。

汗をかき、少しずつ体力をつけていきたいですね。

夏マスクは危険なの?

2020年の夏は、今までに経験をしたことがない夏になりました。

マスクをつけて夏を過ごす経験は、今までありません。

そして、今だ新型コロナウィルスの感染は治まらず、拡大するばかりです。

外出時に夏でもマスクは必要となっています。

しかし、マスクをしていることで、熱中症にかかる危険が高くなるといわれています。

マスクをしていると、顔の周辺に熱がこもりやすくなります。

さらに体内に熱がこもってしまうことがおこります。

さらに、マスクをしていると、口元が湿った状態になっています。

そのため、のどが乾いていることを感じづらくなってしまうそうです。

また、マスクをしているので、何度も水分を取ることをためらってしまいがちになります。

2020年の夏は、いつもより水分補給のタイミングに気をつけていきたいですね。

さらに、注意しなければならないことは、運動です。

マスクを着用して、激しい運動をすることは、避けることです。

呼吸の回数が増えるため、体内の温度が上がります。

熱中症になる危険が高まります。

人と人の間隔をあけて、換気をしながら、運動をするようにしましょう。

また、マスクではなく、隙間ができるフェースシールドを使うのもいいようですね。

そして、熱中症は、夏だけのものと油断をしていてはいけません。

10月の中旬くらいまでは、気温が25度を超える夏日も年々増えています。

しかし、熱中症は、原因がわかりやすいのです。

ですから、対策や予防ができます。

また、マスクも暑さ対策をしたものが出ています。

冷感タイプのものや素材に工夫がされたものなどがあります。

生活や季節に合ったマスクを選ぶといいですね。

しっかり、熱中症の対策や予防をしたいですね。

以上、熱中症の初期症状や対策、予防、夏マスクについてまとめてみました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました